長谷川悦子(えつこ)の信条・理念について/立憲民主党 横浜市会議員 栄区選出

長谷川悦子の信条・理念

トップ > 信条・理念

長谷川悦子の信条・理念

長谷川えつこ 立憲民主党 横浜市会議員 栄区選出


横浜を世界一輝く街にする

いじめ、自殺、差別のない社会を作りたい。
一部の実権者にとって都合の良い社会ではなく、
弱者を守る 社会全体の底上げ
経済弱者にとって絶望の国と呼ばれている
毎日必死で働いているのに、生活が豊かにならない。
がんばりが報われない。
どれだけ頑張れば、平穏で穏やかな日々が訪れるのでしょうか?


若年層の自殺率が、日本はトップ
未来を担う国の宝である子供達、若干数年しか生きていない人間がこの様に思うのは大変悲しい。
一体、どんな毎日をどのように過ごしているのか?
考えると辛く悲しくなります。

物質的な豊かさは手に入ったけど人々の心は全く豊かになっていない様に思えます。

これは個人の問題ではなく社会全体の問題であると考えています。

大切なのは「今」です。

しかし未来が不安すぎて「今」を大切に生きていないというのが現代人の心の在り方だと思います。

横浜が開港し約160年がたち、鉄道の乗り入れインフラの整備等でかなりの発展をとげましたが、来年2019年を皮切りに人口減少時代にと突入致します。

富の象徴は十分に築きました。
これからは負の遺産は要りません。
大切なのは「人」です。
「人」を育てる事、人の「心」を育てる事が何よりも重要なのです。
無駄な公共事業よりも、「人」にフォーカスしメイドイン横浜の心ある素晴らしい人材を育てていきたい。

私が目指す横浜は「安心して安全に過ごせる街、何より自慢を出来る街」

そんな横浜を作って行きたいと思っております。

MENU

ブログ

日々の活動報告をブログにて掲載させて頂いております。是非、ご覧になって下さい。

長谷川えつこ後援会 住所

〒247-0009
神奈川県横浜市栄区鍛冶ヶ谷2-1-2
セントレージヒル101

ページのトップへ戻る